OASIS公開講座 -ノーベル物理学賞の世界をのぞいてみよう-

日時:平成26年11月8日 10:00-12:10
会場:室蘭工業大学 Y103

日本人研究者達のノーベル物理学賞を受賞した事を記念し、OASISでは素粒子とは何かを紐解き、私たちの生活にどのように応用されているかを紹介する一般人向けの公開講座を開催致しました。
本学以外にも大阪大学、高エネルギー加速器研究機構、日本原子力研究開発機構 高崎量子応用研究所から著名な先生、研究者の方々から理解しやすい言葉でご説明頂くことが出来ました。
講演会と同時にOASISのオープンキャンパスも行い、研究成果の実物を用いてOASIS/FEEMAでの研究開発活動を実際担当しているスタッフにより紹介することによりOASIS/FEEMA計画をより多くの方々に知って頂く機会となりました。

会場の様子 開会の挨拶
「物質の起源を探求する
-素粒子物理学の発展-」
大阪大学 青木正治 准教授
「ミュオンを使うと何が分かる?
-物質と生命の解明-」
高エネルギー加速器研究機構 牧村俊助 技師
「我々の日々の生活に役立つ
高エネルギー粒子研究」
室蘭工業大学 岸本弘立 准教授
「イオンビームで『見る・創る・治す』
-高崎量子応用研究所の試みから-」
日本原子力研究開発機構 高崎量子応用研究所
的場史朗 研究員

 告知ポスター(PDF)はこちら