公募要領

課題選定について

 基盤エネルギー源の維持と新エネルギー源の創製は社会の持続的発展のために戦略的に取り組むべき最重要課題のひとつです。
 当機構では、外部資金の積極的活用によって導入した先端研究施設を駆使し、核融合、革新的原子力システム、次世代軽水炉に関わる新材料開発や、発電用軽水炉材料の保全に関わる多くの先駆的研究を産官学連携のもと推進してきました。
 一方、本学としては、太陽エネルギー、バイオエネルギーを中心とする自然エネルギーの高効率利用原理の解明と、太陽光型先進的ナノバイオ機能材料の創出を行っています。
 また、宇宙航空機システム研究センターとの連携を通した幅広いエネルギー・宇宙航空分野での研究開発も行います。
 新しいエネルギーシステムの実現に繋がる革新的なエネルギー機器材料の創製,及び既存のエネルギーシステムの高効率安全利用を実現する高度な保全方法を構築していくために、FEEMA施設の能力を最大限に引き出すような質の高い研究開発提案を対象として、利用課題を選定します。
 課題の選定基準としては、国家的・社会的課題に対応した具体的な技術課題の解決に資するものであって、研究開発リスクが高く社会的・経済的インパクトの高いものを優先して選定する方針です。